カラコン着色直径

カラコンの着色直径とは

カラコンを購入する時にチェックしなければならない要素のひとつに「着色直径」があります。
着色直径とは、コンタクトレンズの色や模様が入っている部分の直径のことで、読んで字のごとくです。
しかし、勘違いしている人もいると思うのでもう少し詳しく説明すると、カラコンは通常人の目にフィットするようパラボラアンテナのように滑らかなカーブを描いていますが、コンタクトレンズの中心を通りこのカーブに沿って計った長さを着色直径と呼びます。
つまり、コンタクトレンズを円とは考えずに、立体的に捉えて計らなければならないのです。
また、カラコンの直径=着色直径ではないことも注意が必要です。
カラコンの大きさが大きくてもその端まで着色されておらず透明な部分が残っていればそこは含まれません。

 

 

なぜカラコンの購入時にこの着色直径を気にしなければならないのかというと、それはこの大きさによって目の雰囲気がかなり変わってくるからです。
色が塗られている部分が大きければ大きいほど装着した時に目を大きく見せることができます。
となればできるだけ大きいものを選びたくなりますが、度が過ぎると不自然に見えてしまうので注意しなければなりません。
ただ単に大きなものを選ぶのではなく、自分の顔や目に合ったものを選ぶことが求められるのです。
同じメーカーのカラコンでもデザインによって着色直径が3mmほど違うなんてこともあります。
目の大きさに対しての3mmですから相当違いますよね。
イメージを膨らませて自分にマッチしたものを選択しましょう。

 

着色直径とは関係ないですが、乱視用のカラコンについてまとめたサイトがあります。
乱視用カラコン通販.net